省エネ計算書作成とは?|省エネ計算書・省エネ届出の作成代行は一級建築士事務所【株式会社あーきてくと承】にお任せください

これからは、もっと省エネルギーの時代へ。

省エネ計算書・省エネ届出の作成代は
一級建築士事務所の株式会社あーきてくと承へ。

省エネ計算書作成とは?

省エネ計算書とは

省エネ計算書は2016年4月より施行された建築物省エネ法に義務付けられた各種届け出をはじめ、CASBEE(建築物環境総合性能評価システム)に基づく所管行政庁への届け出やBELS評価書(建築物省エネルギー性能表示制度)、住宅性能評価書などの取得申請で必要な書類です。
建築物省エネ法では延床面積2,000平方メートル以上の建築物に対して省エネ基準への適合義務が課されたほか、300平方メートル以上の建築物に省エネ措置の届出義務が求められます。また、2020年までに全ての新築住宅について段階的に省エネ基準が義務化されることとなっており、省エネ計算書が要求される場面が増加しています。

省エネ計算書を作成するメリットは?

省エネ計算書は法制度において提出が求められ、専門家によって適正な省エネ計算書をスピーディーに作成することで、時代のニーズに合わせた省エネ基準を満たす建物の新築や増改築、建て替えなどをスムーズに進められるメリットがあります。
住宅性能評価の取得をはじめ、低炭素住宅や長期優良住宅、ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)として認定を受ける手続きにも欠かせません。一定の省エネ基準が満たされていることを、省エネ計算書を通じて認められることで、フラット35などの住宅ローン金利の優遇措置や住宅取得資金の贈与税非課税枠拡充などの税制優遇が受けられるメリットもあります。
企業が受けたい環境貢献目的の各種補助金の取得にも、省エネルギー計算書が役立ちます。

一級建築士が省エネ届出代行をいたします!

当事務所は、福岡で高品質な省エネ計算書作成を得意とする一級建築士です。スムーズに届け出や認定が通る適切な内容を、スピーディーに作成することができます。
省エネ計算書は原則として申請者が作成して添付することになっていますが、専門知識が求められるほか、申請書類を整えるために複雑な作業が求められます。当事務所の省エネ届出代行サービスなら、例えば締め切りが近くなってしまった助成金の申請に合わせて迅速に計算書を作成することが出来ます。ニーズにマッチしたサービスをご提供し、作成から届け出の代行まで丁寧にサポートいたします。

ご依頼の流れ

1.お問合せ・お見積り

作成代行をご希望の方は、「お問い合わせ」ボタンからご依頼をお願い致します。
(必要図書のご準備をお願い致します。)
※お客様のご要望にはできる限り対応させて頂きますので、お気軽にご相談下さい。

2.ご契約

ご提案内容やお見積もり金額にご納得いただきましたら、正式にご依頼を承ります。作成スケジュールや納期などを調整のうえ、作業に入ります。

3.計算作業

確認申請書、意匠図と設備図のPDFデータ、平面図と立面図のCADデータなど、計算に必要となる書類をご提出いただいたうえで適正に計算し、省エネ計算書を作成いたします。

4.納品

計算結果の数値に問題がなければ、ご利用目的に合わせて書類を整え、データもしくは必要な部数の書類を納品させていただきます。届出先の行政官庁からの問い合わせに対するフォローもお任せ下さい。

ページの先頭へ

CONTACT